最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

Posts Tagged ‘塩ビパイプ’

あれっ!意外に簡単!E51 エルグランド君のATF交換をやってみた!もちろんDIYでやってみたけど効果抜群!

とうとう16万キロを超え、それでも現役バリバリで走ってくれているE51エルグランド君。。。

今回は、先日の車検でも勧められたATFを交換してみることに。。。

前回交換から約50,000キロ位なんでちょうどいいかね。。ちょっと気になってたしね。

 

ATF交換については、あちらこちらのネットの情報によると。。

ATは超精密機器なので、ホコリやチリでも動作に影響を与えるから、素人は触っちゃいかん!とか。。。

もう腫れ物に触るような書きっぷりで、恐怖心を煽りまくっているようなものをよくみますな。

でも、自動車修理専門店やディーラーでやってもらったら数万円ってかかるもんですし、ここはサンメカとしては、もちろんDIYでやってみることにします。。。

 

クルマなんてもんは機械式の時計みたいな精密機器でもないし、一定の温度で使うようなもんでもないし、ジッと振動しないような環境で使うものでもないので、そこまでデリケートなものであるはずがありませんよ。

もしそうだったら、街中のあちらこちらで、立ち往生してるクルマを見かけてもいいハズ!

百歩譲って、数十年前のクルマならそうかもしれませんが、世界に名立たるニッポンのクルマ技術がそんなヤワな設計をするはずがないですよ。

 

ATFはその機構上、あっちこっちの細かい部分にフルードがへばりついてるから一気に全量を交換するのはムリなので、今回はサンメカの王道手法である希釈式(?)でやってみることにします。。

本当なら、下のオイルパンを外して、ストレーナーも交換して。。。ってのが理想なんでしょうけど今回はパスして、数回に分けて、上から抜けるだけ抜いて、新しいATFを補充して希釈して結果的に全量入れ替えって方法で実行です。

まぁ、これでもすいぶん違うでしょう!

 

まずは、今回交換するATFはこれ!

CIMG1179

 

 

 

 

AISIN精機のAFW+
トヨタ資本の入ったトランスミッションメーカーのAISIN精機が、アフターマーケット用の商品として同社ブランドで販売してるもんですな。

これだって、きっとAISIN自体が製造しているわけもなく、どこかの精油メーカーのOEMとして提供しているもんでしょうな。

日産はジャトコ(JATCO)社のトランスミッションがほとんどやけど、AISINのAFW+は、E51エルグランド君の指定ATFであるマチックフルードJも適合ということなので、これに決定!

なんといっても安いしね!

20リットルで9000円くらい!

ちょうど、Yahooカードの入会キャンペーンで3,000円分のT-Pointが付与され、さらに、期間中のカード利用で4,000円分のT-Pointが付与されるとのことなので、これに合わせて入会!

3,000円分のT-Pointは即日使用可能ということで、これを使って実質6,000円で調達!(得しました。。。残りの4,000円分はまだ付与されてないけど、付与したらさっさと使って、このYahooカードは退会しちゃいます。。。ゴメンネYahooカードさん!!)

 

そんで、いよいよ現在入っているATFの抜き取りから。。

抜き取りは、先日製作した、強化バージョンのオイルチェンジャー(塩ビパイプバージョン)でやってみます。

CIMG1167

こんな感じ。。

これを使って、ATFのレベルゲージから抜けるだけ抜きます。。。

CIMG1169

ちょっと見にくいけど、黒いエアホースが繋がってる先が、ATFレベルゲージの場所!

ABSアクチュエーターのすぐ横あたりに黒い輪っかがあります。

これを引き抜いて、ここにオイルチェンジャーの排出ホースを突っ込みます。

CIMG1176

こんな状態にセッティングして、いよいよ抜き取り開始!

CIMG1171

100均ダブルアクションポンプ(改)を数回ポンピングすると、じょじょに吸いあがってきます。。。

この時の負圧は。。。

CIMG1175

0.055Mpaってとこですか。。。

まぁ100均ポンプと塩ビパイプだとこんなもんですかね。

それでも、ちゃんと吸いあがってんで、問題なしですわ。。

CIMG1173

こんな感じで吸いあがって。。。

ゴボゴボとエアーが噛み始めたら、抜き取り完了!

抜いた分だけ補充するので、抜いた分をわかりやすくするために、2リットルのペットボトルに入れてみます。。。

CIMG1177

3.3リットルくらいですかね。。。

E51エルグランド君の上抜きの限界は、こんなもんでした。

ATFの総量が、10.3リットルらしいので、1回で約32%程度ということですな。。。

当初の想定よりちょっと少なかった。。。。

これを繰り返して希釈していきゃ入れ替えられますな。

それにしても、約50,000キロ走行でこんなになっちゃうんですな。

高級ワインなみの熟成度です。。。

レベルゲージで見てた時には、そんなに汚れているようには見えませんでしたが、実際はこんな状態でした。。。ちょっと驚きです。

CIMG1181

新旧比べてみると。。。

まぁまったくと言っていいほど別物ですな。こりゃ。

 

あとは、これを抜く時と同じレベルゲージの穴から入れるだけ。。。。

CIMG1185

こんな感じでー。。。

と、思いきやこれが簡単じゃない!!!

点滴のように落ちる速度が遅い!!!

ある程度、フルードに粘度があるし、ホースの内径が4mmなんで、強烈に遅いです。

100ccが落ちるのに2分くらいかかります。。。

E51の場合だと、レベルゲージの穴はちょっと大きめなんで、もう一回り大きい内径6mmのホースでもイケそうです。今度はこっちにしてみよ。

 

なんだかんだで、1時間ちょっとで3.3リットルを落としきれました。。。これが一番、時間がかかりました。。。

 

ってことで、第一回目の交換が完了!。

でもこれでは、新油率は32%程度しかないので、これを繰り返していくわけですけど、何回やれば入れ替わるか計算してみました。。。

入替e回数表

完全に100%をなんてやっちゃうときりがないので、今回は20リットルのATFを使い切るとだいたい90%は入れ替えられるってことですな。。。

なるほど、なるほどこれで十分!!!

 

どうせ暇な時にイジリネタができたってもんで、2か月くらいかけて休みの日の恒例行事としましょうかね。

 

入れ替えた後に30キロくらい走ってみましたが、今のところ大きな変化は見られませんでしたが、ちょっとだけ、変速時のショックが和らいだかなって程度。

今度、入れ替え回数に応じてどう変化するかちょっと楽しみができました。。。

 

それにしても、こんだけ簡単にできるのになんで、専門店でやってもらったらあんなに高い費用がかかるんですかね。。。不思議です。

フツーにエンジンオイル交換するのとなんら変わらないですけどね。。。

ちゃんと、純正か、互換が保障されているATFだったらなんら問題ないような気がします。。。

今回の方法だと10,000円もあれば90%も入れ替えられます。。(時間はかかるけどね)

 

やってみようという方は自己責任で!

壊れた!とか言われても小生は責任とれませんよ!

単に私はうまくいったということだけですので。。。

そのへんのところヨロシクね!

 

注意です!!!!!!

先日、ディーラーに行ってメカニックの方とお話してましたら、同じE51でも最終の後期(小生のE51は中期!!)は、純正のATFがマチックフルードJではなく、マチックフルードSだそうです。

今回、ご紹介させていただいた、AFW+は、マチックフルードJは互換がありますが、マチックフルードSとは互換があるかはわかりませんから注意してください!

(互換があるかどうかは、ネットの情報を確認するとか、メーカーに確認するとかしてくださいね!)

もし、互換が無いのに間違って入れちゃうと、ATFの全量入れ替えが必要なようで面倒なことになるそうです。

自車の純正フルードの種類は、ボンネットの裏側にシールが張ってますからこれを必ず確認してください!!!

同じ形式のE51でも違うもんなんですなー。。。

勘弁してほしいいです。。。

 

Pocket

なんと16万キロ走行!E51 エルグランド君のATF交換のためのオイルチェンジャーを自作してみる(さらに強化バージョン)。。。

先日、製作した灯油ボトルバージョンの自作オイルチェンジャー

全然使えないものではないものの、吸上げる能力を上げるために結構な量の負圧をかけると、ボトルの中央部分が凹んでしまうので、凹み過ぎない程度までのコントロールが必要で、4リットルを吸上げるのに約10分かかってしまう結果でした。。。

 

今回は、さらに能力を向上させるべく方法論を再検討し、バージョン2の強化バージョンを製作してみました。

(エンジニアとしては、更なる性能向上へのあくなき探究です。。。もう負圧ポンプマニアになりそう。。。)

 

強化バージョンでの採用部材は、『塩ビパイプ』!

 

これなら、それ相応の強度を保てるし、密閉性も高い!

さらに、細長いタンクとなるので、普段の置き場所にも困らないというメリット付!

 

タンク容量を約4リットル程度とした場合には、どのくらいのサイズが必要かということで、さっそく計算。。。

 

塩ビパイプは、JISで規格化されているので、設計には便利。。

置き場所や、使い勝手を考えるとあまり大きすぎても困るので、今回は、75の薄肉管(VU管)の1mで製作することに。。。

 


 

75の塩ビ薄肉管の仕様は、外径89mm、内径83mmということで、これの体積量は中学校の時に習った公式で。。。

半径 × 半径 × 円周率 × 長さ なので、これに当てはめると。。。

4.15cm × 4.15cm × 3.14 × 100cm = 5394.834cc

だいたい、5リットルくらいってとこですな。

これならちょうどいい大きさ!

 

ということで、さっそくホームセンターで調達開始!

近所のスーパービバホームで、調達して。。。。

CIMG1113

作ったのが、こんな感じ。。。

 

CIMG1114

吸上げている途中が見えるように、タンクとなる塩ビパイプに透明のエルボ継手をつないでみました。。。
 

VU透明継手エルボ75mm
価格:330円(税込、送料別) (2017/1/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


 
これなら、吸上げてる様子を確認することができそう。。。

これに。。。。

CIMG1116

掃除口をつけて、フタに吸気用と吸上げ用のワンタッチエアー継手を2つつけてみました。。。

CIMG1119

全容はこんな感じ。。。

こんな感じでできたんで、吸上げ実験をやってみよう!

実験は以前と同じ方法で想定することに。。。

CIMG1120

満杯に入った状態から、よーいドンで、ポンプを10回くらいポンピング!!!

CIMG1124

はやい!!!!

灯油ボトルバージョンと比較してメチャメチャ速いし、何よりポンピングしても凹まないという安心感がありますよ。

ご覧のとおり、ジャンジャン吸上げてます!

CIMG1128

約4分で4リットルを吸上げられた結果となりました!

これは、灯油ボトルバージョン比の2倍以上の結果でした!

CIMG1129

ちなみに吸上げて、タンクに入った液体は、ネジが切ってある掃除口のフタを外せば排出できます。。

これで、約1500円ほどなので、これは費用対効果は大きいものと思いますね。。。。

 

ということで、今後のオイル交換はこれを使ってやってみましょうかね!

予想以上の結果でした。。。

 

ぜひお勧めの逸品です!

お暇な方はお試しくだされ。

 

Pocket